無痛分娩という選択肢

おかげさまで順調に、2910gの健康な娘を出産することができました。産後は嘔吐などあったものの夜ご飯はしっかり完食し、むしろ足りなくて夫に差し入れをお願いしたほどです。皆さまからのエール、とても嬉しかったです💐ありがとうございました!

退院した後は中野区の産前産後ケア事業の一つである、松が丘助産院さんの4泊5日のショートステイを利用します。こちらはまたリポートしたいと思います。

〜『無痛分娩』を経験してみて〜
無痛とはどれ程のものなのか?
それほど期待せずに、ある程度の痛みは覚悟で出産に臨みました。ところが本当に・・・全く痛くない。「無痛」でした。これで産まれちゃうんだ?という感じだったのには驚きです。
いきみ始めるまでの時間は振り返れば優雅なもので、朝食を楽しみ、テレビを見ながら20〜30分おきに血圧と熱を計り、たまに診察がありグリグリされるも痛みの感覚は一切なく、そして昼食を楽しみました。午後になってすぐに「そろそろ子宮口の開きが10センチまで来たねー」と言われると準備に移り、チームの方々が参戦。
指示通りにいきむと、上手上手!と褒められ、1時間ほどでスルッと身体の内側からこの世界に娘が産まれて来てくれました。最初から最後まで気持ちに余裕のある出産でしたね。
痛さで叫んだのは、麻酔前の朝の健診で直径3〜4センチの風船を入れた時だけ。後で抜かれたソレを見て、あんな小さいので叫んだんだ😳と思ったくらいのものでした。それほど痛みに敏感な私でも、もう一度出産にチャレンジしてもいいかなと思えたことは大きいです。
たまたま最寄りの産院で産もうとしたら無痛分娩の経験豊富な産院だったのは強運なことですが、女性が出産時に選択できる方法の一つとしてもっと普及したらいいのにと心から思います。自然分娩でしか味わえない良さもあるため、あくまでも「選択できる」のが理想です。
恐らく、ほぼリラックスしていたので母体の回復も早いのではないかと思います。とはいえ悪露やら会陰切開やらで地味な痛みが続きます。まだまっすぐ立ってスタスタは歩けません。ダメージを軽視せずに体をしっかり休めて、仕事復帰を目指したいと思っています。

少しでも安心して保活に取り組める中野区へ…

保育所の入園申込書類に関する冊子『中野区 保育所等のごあんない』が誕生し、「以前よりぐっと見やすくなった」「提出書類が簡素化されて助かる」などのお声がある中、「(1階特設会場にて相談を受け付けますが)書類の確認などは行いません(冊子P.10)」「書類提出後、不足書類についての連絡は行っていません(冊子P.25)」という文言が物議を醸しました。

ただでさえ大変な保活。頑張って書類を提出しても、不備があったら審査してもらえないの?と不安を感じる保護者続出の事態に…。

冊子はオンラインでも見られます。
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/244000/d018503_d/fil/goannnai1-6.pdf

「書類提出後、不足書類についての連絡は行っていません(冊子P.25)」について

これに関して、私の所属している会派(立憲民主党・無所属議員団)も問題視し、担当課長に是正を求めました。(他の会派、同僚議員もそれぞれ是正を求めたと思います。)

その際話を聞いてみると、実際は不備があったら連絡すること、HP上でも区民に対して補足説明をする旨確認できました。

しかしながら、補足説明がなされた現在のHPの文章においても結局いつまでに書類を提出しなければならないのか、本当に不備の連絡をもらえるのかがいまいち明確でないと感じ、未だ不安を覚える保護者が数多くいらっしゃいます。そこで再び、担当課長に現状を伝え、さらなる改善を求めました。

改善の要望としては、以下の通りです。

①結局いつまでに提出すれば間に合うのかがわかるような明確な表現をすること
②不備があったら連絡する旨をより明確に書くこと
③これらをHPに掲載し、冊子にも補足説明として挟み込むこと

※書面にて明確にして欲しいということも伝えました。

担当課長の回答は、「どのような表現が可能か考えさせてください」とのことでした。

今回の話の中で以前は追加書類があれば締め切り後でも受領してくれた件に関しても伺いましたが、それは今も変わっていないそうです。結局のところ、以前と対応が変わったわけではなく、追加書類/再提出書類のご連絡をした後その書類が整って再提出されるタイミングによっては利用調整が終了している場合もあり、その場合はさすがに対象にできないのでそういう事態にならないようどうか早め早めに行動してくださいねと言いたかったようです。 (そのように読み取れた方はほとんどいらっしゃらないと思います…)

また、不備のある書類によっては会社に再記入を依頼せねばならず、それなりの時間を要するかもしれません。それ故に一律にすべての人に向けた「結局いつまでに書類を提出すればいいのか」を明言しづらい現状も聞きました。

とはいえ、保護者のみなさんが不安を感じている状況を何とかしなければなりませんので、策を考えてもらう他ありません。少しでも不安要素を減らして保活に取り組めるよう、働きかけ続けます。

「(1階特設会場にて相談を受け付けますが)書類の確認などは行いません(冊子P.10)」について

10月5日(月)から11月6日(金)まで区役所1階特別集会室にて認可保育所のご相談を受け付けるとのことですが、通常の窓口相談の拡張版であり、記載の通りその場での書類確認はしないとのことです。

そこで、数日でもいいから期間を設けて書類チェックをしてもらうことはできないか提案してみましたが、そうしてしまうと来客が集中し、コロナ禍で密な環境を作ってしまうため今は難しいという回答でした。(来年は実現できたらと思います)

受付→担当職員がどんどんチェック→不備があれば随時連絡という流れだそうで、その場では書類確認してもらえませんがバックヤードでは職員による確認作業が粛々と行われます。
書類が簡素化されたとはいえ、不測の事態に備えてお早めの提出をされた方がいいと思います!

※出来上がった書類は原則郵送受付となりますが、1階特設会場(の専用ポスト等)でも受け付けするとのことです。また、地域事務所やすこやか福祉センターでも受け付けますが、締切は区役所締切日の5日前となります。

ちなみに、こちらが旧式資料(これは2018年のもの)。とても読む気になれませんね。

本年度版は書類の簡素化が図られ、昨年度までと比べて随分と良くなったと思います。さらに改善すべき部分は伝えて、また来年度分に組み込んでもらいましょう!(ご意見ください)

区民の皆さまのお声を届け続けることで改善を図ります。

お気づきのことがあればTwitterのDMや、個人メールにご連絡ください。 nakano.hazama@gmail.com

会派でもご相談承っております。

お気軽にご相談くださいね(^^)

立憲民主党・無所属議員団 03-3228-8876

rikkennakano@gmail.com

お問い合わせ

ご意見・ご要望